人気のお酢で中華料理をさっぱりと

人気なお酢市場

今、お酢が大変注目を浴びています。最近では合わせ酢の市場がだいぶ拡大しているようで合わせ酢だと酢豚が簡単にできると人気があります。その人気な調味料が通販でも手軽に手に入ります。

また、お酢の中でも最近では「黒酢」がテレビのコマーシャルなどで大変評判になっていますね、其れは飲料としてそうですがサプリや身体に良いとされているからです。 確かに、黒酢というのは特に味そのものもそうですが、健康に効果的だとする見方があり、実際に専門家筋でもそのような証明がされているようなのです。

黒酢の歴史

其の黒酢というのは主に中華料理に使用されますが、勿論、この時には「料理酢」(あわせ酢)として使用するのが普通ですね。 そういえば中華料理、特に中国の四川料理などは酢を使う料理が多いようで、中国の伝統的な作り方ともされています。
中国料理にどうしてお酢を使うかといえば、もともと中国ではお酢そのものに古い歴史があり、其の古い時代からお酢は調味料として使う伝統や風習があったとされています。

尤も、我々日本人が中華料理を食するときは油物というイメージがあり、其の油分が多く含んでいて味としてはしつこい感じがするので、お酢のサッパリした味をつけて食べやすくしているという見方もあるようです。
このお酢の料理というのは、勿論、中華料理の他にも和食や洋食、其のほかの各国での特有のお酢をつかった料理もあるのです。 特に其の和食の場合は「あわせ酢」としてお酢の調味料を作るわけですが。

お酢を料理に使う

序ながら、中華料理の一つに「餃子」というものがあります。 餃子は調味料を使って造られているわけではありませんが、餃子を食べるときは付け味としてお酢を使っていますね。 この時、食べ方としてお酢のみで食べる人、お酢と醤油、又は此れにラー油を加えて漬け汁にして食べますが、皆さんは如何ですか・・

餃子を食べるときは別段、そのまま食べても、又、醤油に軽く漬けて食べても良さそうなものですが、何故かお酢を使うのですね。 それは餃子の発祥地である中国では、元々はこの餃子を食するときは黒酢だけをつけて食べていたそうです。

ところが、餃子が日本に伝わって時に、日本人がそれを見て黒酢というのはお酢に醤油を混ぜたものと勘違いしたらしく、そのために日本では酢醤油として餃子を食べるようになったともいわれているのです。
尤も、餃子にはニンニクが入っていますから、お酢と一緒に食べるとニンニクの臭さが和らげられて食べやすいという意味もあるかもしれませんね。