ひと工夫で甘辛料理を糖質オフにする方法

甘辛料理は、美味しいですよね。お肉を炒めたり、お魚を煮込んんだりと様々な使用用途があります。しかし、甘辛ダレには砂糖、つまり糖質が多く含まれています。そんな甘辛だれの糖質を抑えるちょっとした工夫をお教えします。
まず1つ目は、砂糖を使用しないということです。じゃあどうやって甘辛い味を出すの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。その答えは、砂糖の代わりに自然派甘味料を使います。近年自然派甘味料は、様々なメーカーが販売しています。メーカーにもよりますが、砂糖の3分の1程の使用量で同様の甘さを出すことができます。こうすることで、大幅に糖質を抑えられ、血糖値の上昇を防ぎます。
2つ目は、みりんを使用しないということです。甘辛料理を作るときには、砂糖の他にみりんを使うことが多いと思います。そのみりんにも、多くの糖質が含まれています。え、でもみりんを使わないとあの味が出ないんじゃないの?慣れてくると自然派甘味料とお肉やお魚の素材の味で、意外と充分なものです。みりんを使用しないことに抵抗がある方は、使用量を少し減らしてみることも糖質オフに繋がります。
以上の2点が私が甘辛料理を糖質オフへと変化させるため、実践している糖質オフの1工夫です。